プロキオン 薬局

プロキオンは薬局で買えるの?

 

プロキオンはマツモトキヨシやサンドラッグなど、いわゆる大手の薬局・ドラッグストアでは取り扱いがありませんでした。
ドンキホーテやロフトなどの雑貨店、大きなデパートでも発見することは出来ず!

 

つまりプロキオンは、店頭販売されていないのです。ネットで申し込むしかないというわけですね。
公式通販サイトであるオフィシャルサイトの他、アマゾンでも取り扱いがありましたが、楽天市場では販売されていませんでした。

 

今現在で一番安く買えるのはこちら

 

お試しコースが一番得します

アマゾンのプロキオンをチェックしたところ、製造メーカーである京福堂以外にもたくさんの企業が出品していました。
ただし京福堂公認ではないとのことなので、オフィシャルの商品以外は入手経路さえ不明ということになります。
購入するにしても、これらは避けた方がよさそうです。

 

さらにはっきりいえば、オフィシャルサイトで買うのが一番安かったですね。製造・管理についても信用できますし、何よりアマゾンで買うよりもとってもお得なんです。

 

オフィシャルサイトならではのお得なお試しコース!

    お試しに、10粒980円の初回限定小パックが買える

    配送料や送料は一切かかりません
    ポストに届けられるので在宅で受け取らなくてよし
    超特価なので買えるのは1人につき3点まで

お試しコースの他、オフィシャルなら月1回プロキオンが配送されてくる「継続購入」にも申し込めます。
定期便を申し込んだ場合、定価9350円のプロキオンが何と7940円で入手出来ますよ。

今さら聞けない!話題のプロキオンとは?

プロキオンはいわゆる「精力剤」であり、40代以上の男性から支持を集めています。医薬品ではなくサプリメントですが、効果が強いので、他のサプリメントの効き目がイマイチだったなんて方も愛用しているようです。

 

製品のポイントになっているのは「オキソアミヂン」。この成分が血の巡りを良くし、海綿体細胞に直接作用します。

 

プロキオンはネットやメディアでも頻繁に取り上げられている、注目の精力剤なのです。

 

プロキオンの口コミでのレビューや評価は?

30代/♀
夫の仕事は結構な激務で、帰宅する頃にはもうへとへと。夫婦生活もほとんどなくなっていました。
そんな折、偶々プロキオンの広告を目にしたので、購入して飲んでみてもらいました。夫は半信半疑だったようですが、1週間もするとびっくりするくらい元気に。逆に私が疲れちゃうほどでした。プロキオンさまさまです。

 

30代/♂
結婚後、あまりそういう気分になれなくなりました。月1で営みがあるかないかくらいのペースになってしまい、奥さんは子供を欲しがっていたこともあって、正直夫婦関係が壊れかけていました。
どうしようかと悩んでいると、知人がプロキオンを紹介してくれました。結果、効果は抜群!摂取を始めて何日かで、活力がみなぎってきたんです。これなら奥さんの希望を叶えてあげられそうです。本当に良かった。

 

50代/♂
仕事にかまけて、夫婦生活のことなんて考えなくなっていました。歳もとり、若い頃のようなエネルギーも欲もなくなっていましたが、ふと気になったプロキオンを飲んでみることに。
初日から1週間程度たつと、疲れがなくなり、昔に戻ったようにエネルギーが満ちてきました。妻も驚いていたようです。継続したいと思います。

 

 

上記のように、プロキオンを高評価するレビューは多数みられます。ぜひ「オキソアミヂン」を利用したプロキオンで活力を取り戻してみてください!

 

 

相対評価も上々!市販の精力剤は値段が高くて効果が薄い?!

プロキオンの効果の高さはもちろんですが、薬局など売られている他の精力剤が、あまり良質なものでないというのも知っておいて欲しい情報です。

 

よく見かけるドリンクタイプの精力剤。大抵の場合、これらは飲む量に対して摂取できる栄養成分がかなり微量なのです。

 

多くの精力剤は、活力源として有効といわれる「マカ」を利用しています。マカ〇〇mg使用…なんてよくある謳い文句ですが、別にこれ、大したことないのです。

 

精力アップに有効なのは、実はマカが含有するアルギニンという成分。しかしマカのアルギニン含有量はとても少なく、例えばマカを1000mg使用していたとしても、アルギニンなんて雀の涙ほどの量なのです。アルギニンがいかに有効でも、少なすぎては意味がありません。

 

まあマカやアルギニンを含んでいる…という点では虚偽表示ではないので問題はありませんが、きちんと効果が出るのか?という点に関しては疑問が残ります。

 

またもう1点のネックは…容器にビンを使用するので、そのためにお値段が高くなるということです。

 

 

ドラッグストアの精力剤は、ほとんどビン代?!

ビン入りの精力剤は、中身より容器であるビンにコストがかかっていることが結構あります。正直ビンにお金を払っている…というような商品も少なくないです。

 

成分にしても、ビン代にしても、薬局などの店頭で買う精力剤は、いわゆる「コスパ」が良くないと分かって頂けたのではないでしょうか。

 

    含有している栄養が少ない

    ビンが高い

     

    これでは精力剤として、満足のいく効果は得られそうにないですよね。